• 無為自然に"今"だから味わうことのできる宝物をみつけに来ませんか?

    ブルーベリーの森あづみのでは、「ラビットアイ系」という品種のブルーベリーをメインに栽培しています。

    長野県などの標高の高い寒冷な地域で栽培されているのは、寒冷地むけの(北部)ハイブッシュ系がほとんどです。

    ラビットアイ系は西日本などの暖地むきと言われているため、長野県ではほとんど栽培されていません。

    しかし、実際に栽培してみると、長野県安曇野市穂高、標高約620mの場所でも問題なく栽培できることがわかってきました。

    ラビットアイ系の魅力は、何と言ってもその甘さです。

    ハイブッシュ系は酸味と甘みのバランスのとれた初夏の味ですが、ラビットアイ系は糖度が非常に高く、コクがあり旨味のある味です。

    ラビットアイ系は色づいてから樹に数日おくと、甘みが倍増します。

    7月30日のオープンにむけて、色づきながら着々と甘くなっていってます。

    信州安曇野の自然の力で育ったラビットアイブルーベリーをぜひお楽しみください。

    ⇒ブルーベリー狩り詳細はこちら
    ⇒ご予約はこちら