• 無為自然に"今"だから味わうことのできる宝物をみつけに来ませんか?

    しあわせフルーツ工房「ブルーベリーの森あずみの」で栽培している主な品種を紹介します。

    現在、ラビットアイ系の10品種を栽培しています。

    個性豊かな品種を楽しんでくださいね。

    品種名旬の時期粒の大きさ特徴
    クライマックス8月上旬~中旬ラビットアイ系品種の中では一番早く熟します。中粒で甘く、熟期がばらつかないのが特徴です。
    モンゴメリー8月上旬~中旬大粒で美味しく香りも良い品種です。
    ウッダート8月中旬~下旬 中~大 日本に最初に導入されたラビットアイの一つです。酸味があるのでジャムにもむいています。
    ブライトウェル8月中旬~下旬果肉のしまりが良いタイプで、香りもとても良い品種です。
    オースチン8月上旬~下旬 果肉のしまりが良いタイプで、 雨が降っても裂果しにくいです。
    ブライトブルー8月中旬~9月中旬 中~大 果肉のしまりが良く、酸味もあるため、ジャムにもむいています。
    ブルージェム8月下旬~9月中旬果肉のしまりが良い。皮が薄く、食感に優れます。
    メデット(メンデイト)8月下旬~9月中旬実が柔らかく、ブルームが無いので黒光りしています。甘味はとても良く、子どもに人気な品種です。
    ティフブルー8月下旬~9月中旬中~大ラビットアイの中では最も多く生産されています。果肉のしまりや香りもよく。熟すと特に美味しくなります。
    ノビリス(T-100)8月下旬~9月中旬特に大ラビットアイの中では特に大粒で、甘く、食味が良い品種です。

    ※旬の時期は当園の場合の目安です。毎年の気候などにより前後することがあります。