• 無為自然に"今"だから味わうことのできる宝物をみつけに来ませんか?

    ブルーベリーの森あづみのの、今の時期のおすすめの品種を紹介します。

    ティフブルー

    日本にラビットアイ系ブルーベリーがやってきた頃からいる、古い品種ですが、味わいが濃く、完熟すると抜群に甘いです。

    実の固さはしっかりタイプで、摘み取りにも出荷にも向きます。

    ラビットアイ系ブルーベリーでは「標準品種」とも言われ、万能選手。

    未だ、この品種を超えるものはないという人もいるくらいです。

    ブライトブルー

    ティフブルーに少し似ていますが、皮はティフブルーより薄く、やや酸味があります。

    豊産生で、爽やかな味が特徴です。

    メンデイト(メデット)

    65年ほど前に登場したクラシカルな品種。

    実が柔らかく、ブルームがもともと少ないことから「黒いブルーベリー」です。

    当時、実の柔らかさから出荷に向かなかったことから、評価は低かったそうです。

    しかし、甘味が強いラビットアイ系ブルーベリー品種の中でも抜群の甘味を誇り、実の柔らかも摘み取り園では、人気物です。

    まさに、ブルーベリー狩り、摘み取りブルーベリー園ならではの品種だと言えます。

    ブルーベリーの森あづみののシーズンも残り少なくなってきましたが、

    今おすすめ品種をお楽しみください。